料理が上達したノート活用方法!おすすめの本やコツも紹介!

料理が上達したノート活用方法!おすすめの本やコツも紹介! 料理

私は料理を上達させるために、ノートを活用しました。今はネットでもすぐにレシピが検索できるので、ノートなんて必要ないよね、と思うかもしれませんが、自分が特に喜ばせたい人(私の場合は家族)のために料理を学ぶなら、ノートを使う方法がおすすめです!

人によって、慣れ親しんだ味というのは違いますね。私も実家の母の味は、ふと食べたくなります。お店の料理はプロが作っているのでもちろん美味しいですが、家庭の味となると、求められるのもは違うと思います。

そこで、私は家庭料理で家族を喜ばせるために、ノートを使って学びましたので、記事の中で詳しくまとめていきます。

また、私が実際に使っていたおすすめの料理本や、ノート活用以外のコツなども紹介したいと思います♪

今回は、

・料理が上達したノート活用方法!
・料理が上達したおすすめの本やコツも紹介!

についてまとめていきます。

料理が上達したノート活用方法!

私は料理を上達させるために、ノートを活用して学びました。ここでは、その方法について紹介したいと思います。

家族に喜んでもらえる料理って?

まず、料理といってもいろいろなやり方がありますし、レシピもバリエーションがありますよね。たくさんありすぎて、こっちのやり方がいいのかな?あっちの方が美味しいのかな?と迷います。

そんな中で、自分はどんな料理を作れるようになりたいのかを、まずは考えると良いのかなと思います。

私の場合は、やっぱり一番喜んでもらいたいのは家族(特に夫)でした。家族が喜ぶ料理って何かな?と考えた時、慣れ親しんだ味というのは、やっぱり好きなんだろうなと思いました。

自分で考えてみても、母や祖母の料理って食べたくなります。私の母や祖母は決して料理上手というわけではありませんでしたが、やっぱり”我が家の味”というのは、恋しくなりますね。

夫も同じなんだろうなと気がついたとき、ちょっと悔しいですが、義母の料理・味を覚えるのが一番だと思いました。

ノートの活用方法

といっても、いきなり義母に全部を教えてもらうのは大変です。一緒に住んでいれば教えてもらう時間もたくさんあるかもしれませんが、そのようなご家庭も少ないと思います。

ということで、まずは自分の気に入った料理の本を1冊買ってきて、いろいろな料理を作ってみました。

そして作ってからがポイントなのですが、家族に食べてもらった時に、必ず感想を聞きます。男性は、「美味しいよ」としか言わないことが多いので、「味濃い?」「甘い?」とか具体的に聞きました

そうすると、「少し薄いかな」「ほんとに丁度いいよ」とか返してくれたので、ノートにそれをメモしておきました。

次に同じレシピを作る時には、家族の意見を踏まえて調味料を調整して、また味の感想を聞く…というのを繰り返しました。

そうすると、だんだん味の好みもわかってきます。甘めが好きなんだな、味が濃い方が好きなんだななどです。

感想を聞かないでそのままだと、そういうところには気がつけません。レシピ通りに作っているので、自分だと味はバッチリと思うのですが、家族(特に夫)とは食べてきたものが違うので、感じ方が違うのですね。

聞いただけだと忘れてしまうので、ちゃんとノートにメモすることをおすすめします!

料理が上達したおすすめの本やコツ

次に、私が買って良かったと思った本や、ノート活用の他にも上達できたコツなどをご紹介します!

おすすめの本

私のおすすめの料理本は、フードコーディネーターSHIORIさんの「作ってあげたい彼ごはん」という本です。

大人気で、初版がでてからも2、3と出版されているのですが、とくにおすすめは最初の「作ってあげたい彼ごはん」です。

SHIORIさんレシピは、おしゃれに見えるのに簡単です!難しそうに見えるものでも、意外と少ない工程で作れるので、最初に料理を学ぶには取り掛かりやすいと思います。

レシピにはコツも書かれているので、分かりやすいです。

また、食器などもおしゃれなので、見ていてワクワクしますし、真似していけばテーブルコーディネートも上達できますよ♪

料理上達のコツ

ノート活用や本以外にも、私は料理教室に通っていました。料理教室って必要なの?と思う人もいると思いますが、やはり上手な人の手つきを生で見ることは勉強になります。

料理の基礎がわかりますし、自分で疑問に思った細かなポイントも聞くことができるので、上達スピードが早いなと感じました。

また、料理教室に通ってしっかりした基礎を学ぶことができたので、義母に教えてもらう時も恥ずかしくありませんでした。自分も自信をもった上で、夫の実家に行った時には義母に料理を教えてもらう、そんな風にして、基礎+夫の懐かしの味を学んでいきました。

まとめ

ここでは、私が料理を上達するためにしたノート活用方法、おすすめの料理本やコツなどを紹介しました。

料理は作って終わりではなく、作ったら家族に味を聞いてノートにメモする、これを繰り返して家族の好きな味にしていきました。

また、最初は自分が気に入った本を買ったり、料理教室に行くこともワクワクしますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました