ご予約
生体電流とは

生体電流とは

老化はミトコンドリアから

ミトコンドリアは、人の細胞60兆個の内部にある小器官で細胞内に数百個から数千個あります。仕事は「エネルギーの製造」で、水素と酸素を使って燃焼してエネルギーに換えています。この様なことでミトコンドリアは生体電流の「発電所」と言われています。ミトコンドリアが多く、活性していると元気であり数が減ると動きが悪くなり息切れや動悸が激しくなり老いを感じるようになります。

活性酸素

人の老化は、ミトコンドリアが水素と酸素を反応させてATP(アデノシン三リン酸)細胞を回転させますがその時に安定していた酸素が分解され暴走をします。これが「活性酸素」です。
「活性酸素」は安定を求めて細胞内を飛び回り、細胞にぶつかる度にミトコンドリアを傷つけます。傷ついたミトコンドリアは死滅し細胞内でのミトコンドリアの数が減少してエネルギーの製造が減少するのが老化現象です。

「CS60」とミトコンドリア

細胞内のミトコンドリアが減少し稼働率の悪化が老化であり、生命力の低下を招きます。ミトコンドリアを活性化すれば大方の痛みや病気は改善します。ミトコンドリアはATP回転(電位移動)することで発電しますが発電内容は通常我々が使用している電気ではありません。酸化還元電位-150mv~-180mvと言うマイナス電位を発電します。マイナス電位はアルカリ性で細胞を軟化し血流を良くして、消炎、鎮痛作用、酸化物質を抑制、拡散します。つまり老化の抑制ができます。一方プラス電位(活性酸素)は細胞が結集して固まる傾向が強く炎症を起こします。

一例の話をします。

右手人差指の関節が動かない俗に言うバネ指(発条指)ですが、この時のミトコンドリアは、ジィーツとして最低限の生命活動しかしていない状態です。何故って人差指は運動エネルギーを求めていないので不必要な発電はしないのです。長年人差指は固定したままの形で細胞は動く必要はないと判断しているのです。ところが、その人差指に「CS60」で施術するとミトコンドリアに異変が起きます。「CS60」の強力な磁界による吸引力で細胞内のプラス電位(細胞が固まる作用)を引き抜いてしまうのです。生命維持だけの発電しかしていなかったミトコンドリアが大慌てでクルクルとATP回転を始めマイナス電位-180mvの発電をしようとしますが、プラス電位(活性酸素)で細胞が酸化し硬化しているので、ミトコンドリアはスムーズにATP回転できず施術箇所に痛みが生じる事になりますが、暫らく施術すると、マイナス電位の発生により細胞の軟化、消炎、鎮痛効果によりATP回転がスムーズになり痛みが和らぎ自己治癒力により人差指が施術直後に動く様になるのです。
(長年病院で治療をしていたのは何だったんだろう)

「CS60」で老化抑制

人の細胞は60兆個もありその中でミトコンドリアは一つの細胞内に平均1000個としても天文学的な数量になります。しかし60兆個の細胞が全て活動をしている訳ではないのです。60兆個の内、約30%が活動していると言われています。他の生物では腸内細菌では善玉菌が約10%で残りは日和見菌と大腸菌が締めています。働きアリの世界でも20%が一生懸命働いていて20%がサボリ60%が日和見と言われていますが、我々人間の社会でも同じような環境でしょう。話が逸れましたが60兆個の細胞の活動率が上がるとどの様な事が起きるでしょうか。老化の原因は細胞内に生存するミトコンドリアのATP回転での発電時に活性酸素が放出させるためです。活性酸素の元は呼吸による酸素です。一回の呼吸量は個人差がありますが大体決まっています。酸素供給量は同じでミトコンドリアの発電所が「CS60」の施術により活動率を上げると酸素の燃焼効率が上がり活性酸素の発生が抑制できると考えます。車でいえば燃費効率をあげると排出ガス量が減少する様なものです。

「CS60」のダイエット効果

通常ミトコンドリアは、食べ物から取り出された水素を、呼吸によって取り入れられた酸素と反応させて、その時に発生するエネルギーを使ってATP(アデノシン三リン酸)という物質を合成します。ATPは、神経細胞が興奮したり、筋肉が収縮したり、肝臓が物質を合成する時に消費されます。電気を貯められないのと同じように、大量のATPを細胞内に貯めておくことはできません。そこで、ATPの発電必要量に応じて、ミトコンドリアは水素や酸素をすみやかに反応させたり、あるいはゆっくり反応させたりして、呼吸の速度を調節しています。運動をすると呼吸や心拍が激しくなり、休むと次第におさまります。これはミトコンドリアの活動を反映しているのです。
「CS60」で施術をするとミトコンドリアの活動が活性し細胞間にある脂肪分等を燃焼します。
まるで有酸素運動をした様な状態と同じようにダイエット効果が得られます。


Copyright © 「CS60」株式会社日本イノベーションAll rights reserved.