ご予約
施術ブログ

卵巣か子宮かの二者択一が・・・2018.09.22

今日は嬉しいお知らせが来たので、嬉しすぎて先生にメールします!

お忙しいでしょうが、ちゃんと読んでね^^

 

施術を受けてくださった主人の知人がご自身の彼女をご紹介くださいました。

卵巣をひとつ取る手術をされていました。

今月台湾に一時帰国し、主治医と、もう一つの卵巣を取るか子宮を摘出するかのどちらかの手術をするということで

どうにかしたいの気持ちで来られました。それが7月後半。

 

正直、いきなり重病の人だとビビりましたが

まだお若い女性、子供がほしいんだとおっしゃってまして私は気持ちがわかったのでどうにかしたかったです。

私も子供が欲しかったから。

 

施術は帰国までに6回でした。

3回目ぐらいに、お腹が痩せたんだとおっしゃいました。

素人考えでしたが、もしかしたら変な腫瘍が小さくなったのかも・・・って。

 

私は、なにかを取ってしまうという選択肢しかない中に、残せる可能性もあることを加えてみたらどうかと言いました。

あきらかに顔つきも体も変わってきたし、もしも検査で自分の意志を伝えられるならば

取らないという選択肢がないかとちゃんと聞いてほしいと言いました。

 

本日連絡ありまして、状態は良好!経過観察になり様子を見ていこうという結果になったそうです!

 

すごい!嬉しいです

彼女がこれからの人生でしたいこと、縁があれば子供をもうけたいっていう物語の道が作れたってこと素晴らしいなって。

人生の楽しみが増えたんだよ!

彼女はしっかりと生きていくと思う。

 

私達に出会う前までは、帰国すれば手術が待っていて、自分の願いは叶わないって思っていたのに

希望が持てるようになったってすごく素敵だと思う!

 

施術のときはどれだけ痛くても我慢して、自分の未来が変わるのを願っていたんだと思うの。

 

主人のおかげで先生に出会って、それまでのままで生きていたら出会わなかった人と出会って

その人の人生の選択肢が増えて喜ぶって超素敵なこと。

 

結果論だけど、彼女のおかげで私も嬉しいって記憶ができて、そして、まず先生に感謝した!

先生、ありがとう!

 

彼女たちからお言葉もらいました。

”本当にありがとうございます。今後ともよろしくおねがいします”

 

私頑張る!

ありがとう!!!

 

CSなんば 佐藤彰子


カテゴリー: 施術ブログ | 投稿者:
Copyright © 「CS60」株式会社日本イノベーションAll rights reserved.